書籍「プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門」発売中

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門
PMBOK第7版対応版

2021年に発表されたPMBOK第7版は、これまでの10個の知識エリアから構成される開発プロセスベースの記述から、12個の原理・原則と8個のパフォーマンス領域へと、大きく用語や構成が改訂されました。開発手法においても、これまでのウォーターフォール型(予測型)中心の記述から、アジャイル(適応型)を含めた選択式(ハイブリッド型)になり、そのマネジメント内容もプロジェクトごとに調整するテーラリング(カスタマイズ)の考え方が前面に出た内容となっています。

本書は、主にプロジェクトマネジメントの初学者を対象として、プロジェクトマネジメントの基礎を解説し、実践の糸口をつくることを目的としてまとめてきました。今回の第7版対応版にあたっては、第1章~第3章をこれまでのPMBOKおよびPMBOK第7版の解説にあて、第4~8章の開発フェーズでは事例を見直して、さらに用語を第7版にあわせることで、初学者の学習と実践を助けるものとしました。
また、付録の失敗事例にはアジャイル開発の例を加えて、アジャイル開発における注意点を示しました。

 

著者  広兼 修
出版社 オーム社
ISBN-10: 4274229491
ISBN-13: 978-4274229497

→Amazonで購入